サロンとクリニックの違い

脱毛サロンとクリニックの違いについて

医師が常駐しているかいないかが、大きな違いですが、施術内容にどのような違いが出てくるのでしょうか。

 

医師法によって医療行為とされている施術が出来るかできないかということになります。

 

脱毛を例にあげますと、レーザー脱毛のように出力の高い機器を扱えるのはクリニックです。

 

痛みを和らげる麻酔を使えるなど、医薬品を使用することができます。

 

エステティックサロンでは、同じ原理の脱毛法としては、医療用よりも出力の低い、光脱毛になります。肌への負担も、効果もマイルドな印象です。

 

この他、クリニックでは医療行為が可能なことを生かして、プラセンタなどもサプリだけではなく注射での投与が可能だったり、美容皮膚科では、美白やシミ取りといったレーザーを用いた施術や、しわ取りのボトックス注射なども可能です。

 

より、積極的に医療技術を利用して、高い美容効果を追求することができます。その代わり、医療行為の伴う施術にはリスクが伴うこともあります。

 

これは、どんな施術を受けるときでも、クリニックかエステかに限らず万が一ということは、ありますので心に止めておくことが必要かと思います。

 

ミュゼ上大岡ミオカ店の口コミ【要確認】TOP